栄冠ナイン攻略 コールド条件

夏の地方大会・秋の地方大会の決勝と甲子園以外の試合では、5回以降10点差以上、7回以上7点差以上でコールドになって試合終了となります。栄冠ナインでは試合終盤になるほど選手操作が回ってきて経験点を稼ぎやすいため、大量リードしている場合はコールドにならないよう点差を調整する必要があります。

簡単な方法

ノーアウトから敬遠するとその後連打され逆転される恐れがあるため、2アウトか1アウト1塁まで(ゲッツーで試合終了があるため)試合を進めます。

その後野手を登板させ、敬遠押し出しで失点し点差を縮めたら再び投手を登板させ、アウトをとります。

※この方法では敬遠中は信頼度や指示による経験点は入りません。

守備位置をめちゃくちゃにする方法

敬遠指示での押し出しでは経験点や信頼度を稼げないため、2つ目の方法として、投手を含むすべての選手のポジションを適正のないものにして、普通の指示を出す方法があります。

守備位置の適性のないポジションを守らせると、野手の反応が遅れて正面の当たり以外はアウトにすることがほとんどありません。

また、敬遠や1球外せで3ボール・ノーストライクまでボールを投げてから勝負すると四球も出やすくなり、1球外せや敬遠以外の四球では信頼度も上がります。

守備シフトをバントシフト・バント警戒・ゲッツーシフトのいずれかにしておくと、登板させた選手に守備力の経験点が入ります。※試合中の指示経験点はこちら!

そして①の方法と同様点差を調整したら、守備位置を戻し投手を登板させて押さえます。

稀に野手でも抑えてしまうことがあるので、2アウトになるまでに点差を調整したいです。さらに稀ですがゲッツーすることもあるので二遊間の選手は方が弱い選手にしたいところです。

①の方法よりも面倒くさいですが、信頼度を上げるのには最適な方法なので活用しましょう。

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。